株式会社イエソド、過去 、現在、未来の人・組織情報を会社全体で共有可能な「YESODディレクトリサービス」を提供開始

2021-03-15

「企業の人・組織・情報にまつわる非効率をなくす」をミッションに、散らばった人・組織情報を統合し、各種SaaSのアカウント管理を自動化するSaaS統制プラットフォーム「YESOD (https://yesod.co)」 を提供する株式会社イエソド(本社:東京都千代田区、代表取締役:竹内 秀行、以下YESOD)は、この度、過去 、現在、未来における人・組織情報を会社全体で共有可能な「YESODディレクトリサービス」(https://www.yesod.co/directory-service)を正式リリースし、サービス提供を開始したことをお知らせいたします。

YESODディレクトリサービスのメインイメージ


■「YESODディレクトリサービス」とは

「YESODディレクトリサービス」は部門の壁を超える人・組織マスタの管理サービスです。

弊社ではSaaS管理における課題の本質が「人・組織の情報を正しく管理できていないこと」にあるとの考えがサービス提供の根底にあり、本サービスはその基礎を支えるサービスとなります。

 

「YESODディレクトリサービス」では、組織の階層構造をまるごと格納し、かつ時系列に管理できるデータベースを構築することができます。結果として

 

  • 散らばる人・組織の情報を集約
  • 過去・現在・未来の情報に日付を切替えるだけですぐアクセス
  • 「必要な情報だけ」を「必要な人」に届ける


という、人・組織に関係する ”あたりまえだが、むずかしい” 管理を、柔軟に実現することが可能となります。

 

また、人・組織マスタの管理に必要な細かな機能(カスタムロール・簡易ワークフロー・簡易レポート等)に加えて、Web APIによるシステム連携をサポートを行っているため、これまでにない柔軟な形で人・組織マスタ管理を行うことができます。


 

■サービスの提供背景

 

弊社はSaaS管理の本質が「人・組織の情報を正しく管理できていないこと」という考えのもと、様々なお客様とSaaS管理についてディスカッションに続けてまいりました。その際に声としてあがってきたのが

 

  • 業務委託を含む全従業員の情報を何を見れば正確なのか分からない
  • 過去の組織図や従業員の所属組織の履歴が残っていない
  • 頻繁に生じる未来日付の入退社や異動、組織変更のコミュニケーションコストが高い
  • 入退社・組織変更のたびに、業務で使用する各種サービスへの入力を手作業で行っている

 

という、現場レベルで発生している管理上にまつわる多種多様な課題でした。弊社ではそのような課題を解決できるSaaS管理の仕組みを提供したいと考え、その基礎となるサービスとして、本サービスの開発・提供に至っております。

 

 

■株式会社イエソドとは


「企業の人・組織・情報にまつわる非効率をなくす」をミッションに、散らばった人事・組織情報を統合し、各種SaaSのアカウント管理を自動化するSaaS統制プラットフォーム「YESOD (https://yesod.co/ )」 を提供している企業です。

革新的なデジタル技術の発展を背景に、多くの企業にとってDXの推進が喫緊の課題となっています。企業の個別最適なSaaSサービスの導入が進んでいる一方で、日々導入されるSaaSにこれらを管理する企業の管理部門、システム部門、監査部門は様々な課題に直面し、企業全体のコンプライアンス違反リスクが高まっています。

イエソドは、SaaS管理の様々な悩みを解決する「SaaS for SaaS」なプロダクトを各種開発・提供をしていくことで、国内外のIT統制の強化と共に、DX推進の一翼を担えるように支援を継続してまいります。



<株式会社イエソド 会社概要>
社名     :株式会社イエソド

設立     :2018年9月

代表取締役  :竹内 秀行

事業内容   :クラウド型SaaS統制プラットフォーム「YESOD」の開発・提供

本社所在地  :東京都千代田区外神田6丁目6番1号 斎藤ビル5階

ホームページ :https://yesod.co/

プロダクトページ:https://www.yesod.co/directory-service